高舞登山の夕陽

たかぶとやまのゆうひ
previous arrow
next arrow
高舞登山の夕陽 - ISO:100 絞り:F8 シャッタースピード:1/160秒
撮影:釣出満彦
ArrowArrow
Shadow
Slider

水平線の彼方に沈む夕陽は、自然が織りなす芸術品

国指定文化財・名勝で、標高117mの展望所から雲仙や天草松島の多島海景観を360度見渡せる。

不知火海や島をつなぐ天草1号橋~5号橋の景色も一望。夕暮れ時には、松島、天草五橋を背に神々しい光を放ちながら日が沈み、なんとも幻想的。

その景色は「日本の夕陽百選」にも認定されている。静かに茜色に染まる空と海をじっくりと堪能しよう。

戦国時代、地元の武将がこの山頂で舞を楽しんだという伝説からこの名が付けられたとか。
山頂の公園には桜の木が植えられており、春には花見スポットとしてもにぎわう。

詩歩’Sコメント

天草を上から眺めるならココ! 天草五橋それぞれの形状の違いを楽しみましょう。夜景観賞なら夕暮れ直後のトワイライトタイムがオススメ!